デジタルソリューション事業VR・AR・MR

XRで新たな体験や課題解決を実現

XR(VR ・AR・MRなどの現実世界には存在しないものや情報を、表現・体験できる技術)を活用することで、1/1 スケールのBIMモデル内を実際に歩いて見て回ることができます。
2次元の図面ではわかりにくい完成イメージを直観的に共有することができ、作業の効率化や品質向上につながります。
XR技術の導入により新たな体験や様々な課題解決が可能となります。
設計、施⼯から維持管理、さらには研修や教育面でも幅広く活用できる技術です。

XRの特徴

図面作成からコンテンツ操作までトータルでサポート

「XR(エックスアール)」の「X」は、様々な文字が入ることを示しており、「VR」「AR」「MR」等の技術を含んでいます。
弊社では、図面作成、修正、XRコンテンツ作成までワンストップで対応いたします。各種CADデータから迅速にXR化を行います。
また、コンテンツの作成から操作方法説明、機器のレンタルまで対応いたします。

VRの特徴

図面変更・修正にも即時のVR変換で対応

BIMモデルを短時間でVRに変換することができます。
頻繁に図面変更が行われる施工段階でも図面の修正からVR化まで一貫して迅速に対応いたします。

VRの特徴

VRで打ち合わせを行いながら、リアルタイムで修正内容をバーチャル空間に反映することも可能です。

AR・MRの特徴

現実空間への3D CAD表示や搬入シミュレーションも可能

HoloLensやiPad を使⽤して現実空間に3DCADを表⽰することで、天井内の配管やダクトの可視化、墨出しやスリーブ、インサート位置の確認などを行うことができ、大幅な作業効率の改善につながります。

AR・MRの特徴

現実空間に配置した3Dモデルはレイヤごとに表示を切り替えることができるので、撤去と新設の工程の確認や、配管やダクトを用途ごとに表示することもできます。機器の3Dモデルを現場で動かすことで搬入シミュレーションをARで行うことも可能となります。

ページトップ