BIMへの取り組み

BIMの導入によって設計、施工から維持管理まで同一のモデルを使用した情報の活用と共有が可能になります。
これにより、工期の短縮やコストダウンが実現できるだけでなく、建設業界でも深刻な問題となっている人出不足の解消にもつながります。
テクノブレインでは早くからBIMの導入に取り組んできました。
セミナーへの参加や社内勉強会を定期的に行い、BIM活用における人材育成にも力を入れています。

また、3Dレーザースキャナを使用して既設の建物を計測し、点群から高精度の現況図を作成する業務も行っています。

※ 3Dレーザースキャナ業務については
  こちらをご覧ください。

 

大規模な現場の3Dモデルや点群データを迅速に処理する為には、作業環境の整備も必要です。
テクノブレインでは作図者全員のパソコンを3D CADが高速描画できるようカスタマイズしています。
また、大容量の点群処理やVRを行うために専用のワークステーションを導入しています。
今後ますます活発化、発展していくBIMに向けて日々取り組みを続けています。